いつも秘めている心の思いや考え方は、眉毛一本から唇の形にいたるまで、具体的な人相として表れ、人相はあなたの心を映す鏡なのです

Menu ▼
 顔のパーツ別の観方
鼻(はな)
小鼻(こばな)
人中(鼻の下の溝)
口・唇(くち・くちびる)
口角(こうかく)
目(め)
目尻(めじり)
耳(みみ)
眉毛(まゆげ)
眉間(みけん)
額(ひたい)
頬骨(ほおぼね)
歯(は)
顎(あご)
鰓(えら)
法令線(ほうれいせん)

人相は心を映した鏡である
顔を上停・中停・下停と3分割した観方
顔は人間全体の縮図
父母や兄弟姉妹、子ども、先祖などの関係の観方
人相に表れるあなたの性格や環境
その他各種観方
人相は心で変わる
人間の身体や人相に関する雑学


鼻(はな)
小鼻(こばな)
人中(鼻の下の溝)
口・唇(くち・くちびる)
口角(こうかく)
目(め)
目尻(めじり)
耳(みみ)
眉毛(まゆげ)
眉間(みけん)
額(ひたい)
頬骨(ほおぼね)
歯(は)
顎(あご)
鰓(えら)
法令線(ほうれいせん)

聞き手が相手の目を凝視するときは
メッセージが込められている


聞き手の側にあるとき、あなたは話しをしている相手の目を見るでしょうか。

それとも見ないのでしょうか。

日本人は一般的に、時々見ては、時々視線を外すようです。話している側もそうして、お互いにその呼吸をはかっているものです。

たいていの人が無意識にそうしているはずです。




そういう行動様式が身に付いているものです。

そして、目と目でものを言っている。「アイコンタクト」です。相手の話しにたいして、自分の意志や意見を強く出すときは、瞬間的に相手の目を凝視します。

同意するときも否定するときも、それをきちんと相手に伝える必要を感じ、それを目で表現できる人はそうします。

穏やかな気持ちで同意するときは、「ふむ、ふむ」などとうなずきながら、相手の目をしばらく見続けるでしょう。

いっぽう、相手の話に関心や興味がない場合には、相手がいくら、「この儲け話、いいだろう。きみも一口乗ったら」と、しつこくすすめても、乗り気でないなら、視線を斜めに向けて、相手の目を見ないようにするでしょう。

こうして、相手にたいして、その話に興味や関心がないことを暗に伝えようとするものです。

人が相手の目を凝視するときは、意識的、無意識的に、いろいろなメッセージがこめられています。



会話のフィードバックを求めるときや目で連絡を取りたいときは、意識して相手の目を見ます。

また、相手に行為や敵対意識をもったときは、無意識に相手の目を見ます。

後者の場合、無意識に見つめてしまいます。

心理学では一般的には、男性よりも女性のほうが、向き合って話をするとき、相手の目を見る傾向があると言われています。

このことを知っていないと、男性は女性の気持ちを錯覚し、赤っ恥をかくことになりかねません。

前述しましたように、敵対意識の発露のこともあるからです。

また、女性は、相手に好意をもっている場合、相手の話を聞いているときより、自分が話しているときに相手の目をみつめる傾向があります。







相手の性格や本性は顔や目の動きを見ればわかる
顔に苦労や努力、体験が滲み出ていない人は信頼してはダメ
美しい顔の人には人間的な魅力のない人が多い
感情の変化の激しい人は自分勝手で我がまま
目くばせをよくする人には心を許すな
目の置き方や動かし方によって、性格や人格までわかる
瞳の大きさによって、相手の興味や関心の度合いが分かる
見るからに悪党面の人は本当に悪人か?
相手の目をじっと見つめてしゃべる人は何か魂胆を持っている
聞き手が相手の目を凝視するときはメッセージが込められている
上目づかいでにらみつける人は憎しみが充満している






(姉妹サイト)人相による結婚相手の選び方
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
男性心理と女性心理
大人のための血液型診断
大人のための姓名判断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防とストレス解消法
女性のための血液型診断・占い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
定年退職後の年金とゆとりの老後生活


Copyright (C)2015. 人相はあなたの心を映す鏡 All rights reserved.