いつも秘めている心の思いや考え方は、眉毛一本から唇の形にいたるまで、具体的な人相として表れ、人相はあなたの心を映す鏡なのです

Menu ▼
 顔のパーツ別の観方
人相学のトップページ(メニュー一覧)
鼻(はな)
小鼻(こばな)
人中(鼻の下の溝)
口・唇(くち・くちびる)
口角(こうかく)
目(め)
目尻(めじり)
耳(みみ)
眉毛(まゆげ)
眉間(みけん)
額(ひたい)
頬骨(ほおぼね)
歯(は)
顎(あご)
鰓(えら)
法令線(ほうれいせん)
人相学のトップページ


耳の観相法


耳も、実際に物に触れることなく、やはり離れたものを感じる器官であります。

美しいオーケストラの音楽を演奏会で聴いたり、秋には美しい虫の音色を聞いたりして感動できるのも、耳で心地よく感じる機能があるからです。

ただし、耳は遠くで音のするものを聞き取ることはできますが、眼ほどに遠方に離れているものを感じることはできません。



人間は自分から遠くにある存在に対して「尊い」という感情を持ちます。

ですから、対象に対して尊さを感じるためには、遠くはなれた感覚を持たなければなりませんが、その機能を果たすのが、眼であり耳であります。

眼は耳よりも遠くの存在を感じることができますので、それだけ眼のほうが高尚ということで、耳よりも眼のほうが顔の中でも上に位置しているのです。

これを「天地人」の考え方から考察しますと、やはり耳も高尚な働きがあるため、眼と同様に「天」の位置にいますが、
眼よりも下の位置になります。


「尊い」とか「高い」という感じは、自分から離れている感じ


人を尊んで言う場合には、「あなた(彼方)」とか「向こう様」などと言うでしょう。
自分のことを「こちら(此方)」とか「手前」とか言うのは、離れない感じ、すなわち距離感のないことを表しているのです。

尊いという意味を表すには、自分と離れている言葉を使うのです。

仏教で極楽を十万億土の彼方にあると言ったり、キリスト教では「天にまします吾らの父」と言ったりして、、距離の感覚を表す言葉を使っています。

ですが、キリストも「神の国は汝の内にあり」と言って、「神の国」すなわち天国が実際は遠いところにあるのではなくて、それは「今此処」にあるのですけれど、高く尊いという距離感を表すために十万億土の彼方とか、天国という言葉を使っているのです。






「天・地・人」から考察した「眼・耳・鼻など」の観相法
天・地・人について
眼の観相法
耳の観相法
鼻の観相法
口、舌、皮膚、粘膜の観相法



(姉妹サイト)人相による結婚相手の選び方
子どもの立派な育て方・しつけ方
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
男性心理と女性心理
大人のための血液型診断
大人のための姓名判断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
仕事のできる男と仕事のできない男との違い
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
心の裏をズバッと見抜くブラック心理学
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防とストレス解消法
女性のための血液型診断・占い
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさま(シングル)の心構えと老後の対策
定年退職後の年金とゆとりの老後生活


Copyright (C)2015. 人相はあなたの心を映す鏡 All rights reserved.